『○○さんがツイートしました』のTwitter通知を非表示にする方法

『○○さんがツイートしました』

Twitterで通知欄にいきなり現れるこの表示。
フォローもした覚えのない人のツイートを丁寧にお知らせしてきます。

リプライやリツイート等の通知かと思ってTwitterを開いた時に、この通知だった場合はなんともいえない気分になります。

・『○○さんがツイートしました』の表示について
・非表示にする方法は無いの?
・設定方法は?

今回は、この『○○さんがツイートしました』通知について、非表示にする方法を紹介していきます。

『○○さんがツイートしました』のTwitter通知について

Twitterのトピックに関係する

こちらが実際の『○○さんがツイートしました』の通知表示です。
左端には青色の吹き出しマークがありますが、このマークはTwitterのトピックに関連するマークです。

トピックを簡単にまとめると、自分に関連のあるツイートや広告等を自動でおすすめしてくれる機能のことです。
トピックの表示については、こちらの記事で詳しくまとめています。

関連のあるカテゴリの通知が届く

『○○さんがツイートしました』の通知には、カテゴリ分けがされてるような表示になっています。

・お笑い
・ビジネス
・スポーツ
・テレビ
. . .

このようなカテゴリの中に関連する『○○さん』のツイートをおすすめしてくれているようです。

『○○さんがツイートしました』をTwitterで非表示にする方法

おすすめトピックから非表示にする

◆スマートフォン
[メニュー]>[トピック]
◆パソコン
[もっと見る]>[トピック]

この画面でトピックのカテゴリを1つずつ[×]を押すことで消すことができます。
同じ画面の[その他のトピック]を押すと、さらにたくさんのトピックのカテゴリが現れますが、その画面からは[×]は表示されません。

興味関心の設定から非表示にする

上で紹介したトピックの画面下部にはこのような表示があります。

Twitterがおすすめするトピックをすべてチェックするには、Twitterデータを確認してください。

Twitterデータの画面に入った後の設定画面としては、以下の手順となります。

[Twitterデータ]
>[興味関心と広告のデータ]
>[Twitterから取得した興味関心]

興味関心の設定については、おすすめトピックの設定方法でも解説しました。
画面の中の膨大なチェックボックスを、1つずつオフにする作業となります。

注意点として、この画面で全てオフにしたからといって、今後安心というわけではありません。
また新たなトピックの内容が出現し、同じ画面を開くとチェックがついてる項目が増えています。

おすすめトピックと興味関心の関連性

上で紹介した2つの設定画面がトピックに関する設定画面のようです。
ただし、これらの設定画面は関連はしているようですが、すべてが紐づいているわけではないようです。

・[おすすめトピック]にあるトピック名が[興味関心]に無いこともある。
・[興味関心]でチェックがついてるものが[おすすめトピック]に無いこともある。
・[おすすめトピック]で全て[×]で消しても、[興味関心]ではチェックがついてるものが多数ある。

設定画面を照らし合わせたところ、2つの画面に多少の紐づきはあるようですが、一致しているということではなさそうです。

結果-2つの設定画面でオフにする方が最善

おすすめトピックだけオフにする。
興味関心だけオフにする。
どちらも試してみましたが、数は少なくなるもののやはり通知が出てきてしまいます。

一番効果があったのは、[おすすめトピック]と[興味関心]の2つとも全てオフにする方法でした。
ただし、残念なことに数週間経つとまた新たなトピックが生成されてしまいます。

今のところ、トピックに関連する通知を”完全に”オフにするということはできないようです。

◆『○○さんがツイートしました』非表示設定のまとめ
・[おすすめトピック][興味関心]の2つの設定から全てオフにする。
・オフにした後も、新たなトピックが出現する。
・根気よく定期的にオフにする操作を続けていくか諦めるかのどちらか。

タイトルとURLをコピーしました