ブログ初心者のアクセス数を公開-30記事を書いた結果

ブログ初心者が30記事書いた結果

先日、当ブログの記事数がやっと30記事を超えました。

ブログ初心者の最初のラインが30記事と言われています。これからブログを始める方や伸び悩んでいる方にとっては、自分のブログ運営がこれで正しいのか不安になる人も多いでしょう。

・ブログを始めたいけど目安がわからない。
・このまま更新し続けても誰かに見てもらえるの?
・副業として始めたけど30記事書いてどのぐらいの収益なの?
・私って更新ペース遅い?

今回は、私が実際に30記事に達した時点での期間やアクセス数・収益、記事の内容などを紹介していきます。

ブログ初心者が30記事を書くまでの道のり

ブログに関する知識はゼロでスタート

・SEOに関する知識はゼロ。
・何を書くのか決まっていない。
・本業があるので無理せず書く。

私がブログを始めた理由は、ほぼゼロコストで誰でも簡単に始められるメリットがあったからです。
ブログに対する興味本位と、うまくいけば副業として収入が得られると嬉しいぐらいに考えていたので、すぐ行動に移しました。

何の知識もなく勢いで始めたので、1つ1つ検索して調べながらのスタートです。
自分でブログを立ち上げる独自ブログだと、サーバーのレンタル代などで多少のお金は必要になります。

お金をかけると失敗したくないという気持ちが生まれてしまいますが、成功にこだわりすぎても長く続きません。ブログ初心者の最大の目標は、まず継続をすることです。趣味程度に、やりながら覚える感覚で記事を更新していきました。

ブログで30記事を書くまでの期間

・約3ヵ月で30記事。
・3日に1記事ペースで更新。

期間2021/01/04~04/21
日数107日(3.5ヵ月)
更新頻度3~4日に1記事
SNS利用Twitter

2021年1月4日に初めての記事を投稿し、4月21日にちょうど30記事目を投稿しました。
本業の仕事から帰宅後はブログを書く気になれなかったので、休日に1記事更新する程度です。今となっては無理せずにマイペースに更新し続けたおかげで、今でも継続できていると思います。

更新頻度としてはそこまで高くない方ではありますが、無理して頑張っても継続できなければ意味がありません。自分の生活スタイルからブログへ割ける時間はどのぐらいか見直してみて、そこから自分のペースを探っていきましょう。
続けていくうちにルーティン化して慣れていけば、続けていくのが苦にならなくなります。

ブログで30記事を書くまでのモチベーション

・まずは『継続』を目標にする。
・アクセス数と収益は気にしない。
・他と比べない。

一番のベースとしては、なんとしてでも続けることを意識して取り組んできました。

私は副業という形でブログを運営し始めましたが、ほとんどの初心者ブロガーの方は同じ状況だと思います。毎日更新!なんて意気込んでいる人をSNSで多く見かけますが、仕事から疲れて帰ってきて、ブログを書くのはとても難しいです。
ブログを書いてみるとわかることですが、1記事を書き上げるのには案外時間がかかります。

また、1記事に数時間もかけて作成をすると、当然アクセスが伸びてほしい気持ちも出てきます。しかし結果ばかり気にしていると、結果が思い通りにならなかった時にモチベーションが落ちてしまいます。
ブログの性質上、どうあがいてもすぐに結果が出るものでは無いので、最初のうちはなるべく結果を気にせずに畑を地道に耕す気持ちで続けていきましょう。

ブロガー界隈はTwitterが盛んですが、注意が必要です。
毎日頑張って更新している人や、自分よりブログ歴の浅い人が高い収益を上げてるツイートを見ると、そこと比較をして変な焦りが出てきてしまいます。


ブログ初心者が30記事を書いた結果

ブログ30記事のアクセス数と収益

ブログで30記事を書いた時のアクセス数

当ブログで30記事を書いた時点でのアクセス数は、このような結果になりました。

総アクセス数約1,200
1ヵ月目約100
2ヵ月目約50
3ヵ月目約400
4ヵ月目約700
1日平均(30記事時点)10~20
『PV数』=『アクセス数』で表しています。

しっかり目標を持って取り組んでいる人に比べるとペースは遅い方ですが、着実に向上はしています。知識が無いなりにも、1つ1つやり方を覚えていきながら改善していくことで、遅かれ早かれ結果は付いてきます。

検索からアクセスが出始めたのも3ヵ月目ぐらいからでした。3ヵ月を超えると検索クエリが増えてきて、様々な方向のクエリからアクセスが発生するようになってきます。

検索クエリとは

Googleなどの検索エンジンで検索に使用されたワード。
色々な言葉で検索結果に表示されるようになることで、自分のブログが表示される機会が増えることになります。

ブログで30記事を書いた時の収益

・ブログの収益は長期的な目線で考える。
・高い目標は逆に継続の妨げになることもある。

当ブログで30記事を書いた時点での収益結果はこちらです。

総収益2桁
Googleアドセンス2桁
ASP1桁

ブログを始める人の夢を打ち砕くようで申し訳ないですが、方向性を考えず、マイペースな更新頻度では、3ヵ月の収益はこの程度です。
ただ、ブログはすぐに稼げる方法では無いということを念頭に初めてもらえれば、現実とのギャップに悩まされなくて済むかと思います。

私がブログを開設した時は、1年間は収益が発生しないことを見越していたので、逆に3ヵ月そこらで数十円の収益が出たのは素晴らしいことでした。

ブログの収益化に必要なアフィリエイト広告についてはこちらの記事で紹介しています。

ブログ初心者が30記事を書いて身についたこと

30記事書いて身についたこと

30記事を書くと論理的な考えが身についた

ブログで30個の記事を更新すると、論理的な考えや文章構成ができるようになりました。

ブログを書く中でただ文章を並べるだけでは、見栄えの悪い記事になってしまいます。まずは読者に何を伝えたいかを考えて、その伝えたいことに合わせた見出しや構成を考えていく必要があります。

この『結論に向かって話の構成を考える』という経験は、論理的な思考を育てるのに役立ちます。論理的な考えが身につくと、頭の中で伝えたいことを組み立てて論理的に説明するということが上手くなっていきます。
ブログを書く時以外に仕事をしている中や、プライベートでの考えごとをする中でも、この考え方は役に立つスキルとなるでしょう。

30記事を書くと文章力が身についた

ブログは文章や文字で読者に内容を伝える必要があります。
普段からSNSやチャットで、短文・スタンプなどのやり取りをしていると、長くて詳細な文章で何かを伝えるという経験が少なくなってきます。

ブログを書くことで、相手に伝わりやすい文章の組み立て方や構成・言い回しなどを考えることになるので、自然と文章力が上がっていきます。今後、リモートワークやフリーランスの働き方が増えてくる中で、文章力を上げるというのは必須なスキルだと思います。

30記事を書くとWordPressの使い方が少し詳しくなった

ブログを始めると記事の執筆だけでなく、ブログ自体のデザインやレイアウト・設定も気に掛ける必要があります。自分の思い通りのブログを作り上げるには、WordPressの使い方を覚えていかなければなりません。

WordPressにはただブログの記事を書くだけではなく、内部的な細かい設定も存在します。また、外部サイトのGoogleアナリティクスやサーチコンソールの使い方なども少しずつ覚えていくことで、Webサイトに関する知識が自然と深まっていきます。

これらの知識が自然と身についていくというだけでも、ブログを始めるメリットの1つだと思います。

30記事を書くとユーザー目線がなんとなくわかった

ブログで30記事を更新すると、伸びる記事と伸びない記事が出てきます。
一生懸命時間をかけて5,000文字くらい書いた記事よりも、2,000文字に満たない記事の方がアクセスが伸びるなんてことがあります。

伸びる記事にも基準は多々ありますが、主な理由としては『ユーザー目線』かどうかです。
Googleは、ユーザー目線の立場で、読み手の問題を解決できるような記事であるかという点を、検索順位の1つの指標としています。1人語りな記事にならず、しっかりユーザーの疑問を解消できるような内容や構成・レイアウトになっているかどうかが重要です。

最初の頃はただ書きたいことを書き連ねていましたが、少しずつ改善しながら継続していくことで、ユーザー目線の記事の書き方が身についていきます。

【まとめ】まずは自由に気にせずに

ブログを始める大半の人は、『本業に縛られない為に収入を得たいから』『自由に自分の経験を発信したいから』というきっかけがあります。
しかし、自由を求めて始めたはずが、結局は他と比べたり他人の意見に従ったりして、モチベーションが落ちて途中で辞めるという人が多いです。

自分だけのブログを運営する中で、別に間違ったことをして怒る人なんていませんし、ペースが遅いからといって評価が下がるわけでもありません。頑張る人は頑張ったらいいし、マイペースな人はそのままのペースで続ければ良いです。

まずは続けることを重点に置いて、どのペースなら自分が続けられるかを見極めることから始めてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました