【リボ払いの怖さ】ハマっていた沼の深さに完済してわかった

LIFE

クレジットカードのリボ払い、利用したことありますか?
クレジットカードを持っている人も持たない人も一度は聞いたことがあると思います。

・月々の負担が軽くなる!
・一定の支払いで管理が楽!
・欲しいものがすぐに手に入る!

一見すると、すごく便利で画期的なお支払い方法に見えますが、何も考えずに利用すると深い深い沼にハマります。始めは少額の利用から、満額まで利用してしまい、返済に丸1年かかった私が、リボ払いの怖さを紹介します。

リボ払いとは

基本的なクレジットカードの支払方法

・1回払い:購入額をそのまま支払日に支払う。
・分割払い:回数を指定して支払う。
・リボ払い:支払い金額を設定して支払う。

リボ払いとは、リボルビング払いの略です。クレジットカードには様々な支払い方法がありますが、その中の1つの手段となります。

リボ払いは、基本的に事前に設定された金額を、毎月支払っていく方法です。その為、手持ちや貯金が無い時に高額な物を買いたい場合でも、リボ払いを使えばその場で手に入ります。

しかも、支払日には設定した一定の金額を支払えば良いだけなので、管理が楽で1ヶ月ごとの負担が軽く済みます。まるで便利な支払い方法ですが、『管理が楽でその場で手に入る』という部分が大きな落とし穴となります。

リボ払いの怖さ

積みあがっていくお金と時計

手数料は麻痺しやすい

年率15%の手数料とは

・10万円のお買い物をして月5,000円返済の場合
-支払回数:20回
-支払合計額:113,120円
(-内手数料:13,120円)

リボ払いの怖さで真っ先に思い浮かぶのが『手数料』です。リボ払いの手数料は各クレジットカード会社によって異なりますが、基本的には『年率15%』という割合です。

これがもちろん買い物をした金額・支払回数/設定した月の返済額によって、手数料の金額も変わってきます。他の支払い方法である『分割払い』にも手数料はあります。しかし、分割払いは【回数】を基準に設定するのに対して、リボ払いは【金額】を基準に設定するから全体の負担が麻痺しやすいんです。

回数基準だと、あと『●回払えば終わり』というゴールが見えていますが、金額基準だと、毎月一定なのでゴールがいつなのかわかりづらいです。『ゴールがわかりづらいが、毎月一定の金額を支払っている』という部分が、更なる次の利用に繋がってしまい、負担している手数料がどんどん膨れ上がっている事に気づけなくなります。

金銭感覚の変化で利用額が増える

毎月の手数料

・1回目:手数料¥1,250
 =100,000×15%÷12
・2回目:手数料¥1,187
 =95,000×15%÷12
・3回目:手数料¥1,125
 =90,000×15%÷12
 ……

リボ払いで年率15%と聞いても、あまりピンとこないと思いますが、10万円の商品を5,000円ずつリボ払いしていく場合だとこのような計算になります。

ここまで見ると『毎月千円ちょっと余分に払うだけで10万円の買い物ができるならいいじゃん♪』と思うかもしれません。ただ、この計算式には含まれていない要素、それが【金銭感覚】です。どうせ月に上乗せされる手数料は少しだし毎月の支払いも一定額払えばいいや、なんて考えていると支払残高がみるみる内に増えていきます。

1度、欲しいものを楽に手に入れられた時の快感は大きいです。それが繰り返されると、そこから抜け出すことは難しくなります。始めは毎月一定でも10万円払えば終わっていたものが、新たにリボ払いで購入していくと、20万・30万..と膨れ上がっていきます。

気づいた時にはもう遅いのがリボ払いです。ご利用可能額の設定枠は絶対に増額しない事をおすすめします。

返済する時は2倍の負担を覚悟する

私がリボ払いを利用していた頃、回数が増えても毎月●円ちゃんと支払い続ければ完済できる、と安易に考えていました。その時は、リボ払いで欲しいものを繰り返し購入することに慣れていて、そろそろヤバイと気付いたころには利用可能枠の上限まで利用していました。

確かに『毎月●円支払い続ければ完済』までたどり着きますが、完済を目指している途中にまたリボ払いで買い物をしてしまっては、一生ゴールまでたどり着けません。その為、『毎月●円支払うというマイナス+リボ払いで買い物をしていた分の我慢』が必要です。

今までの金銭感覚はなかなか修正することはできません。毎月一定額を払いながらリボ払いで欲しいものを買う、という事をしていた自分にとっては、2倍分の金額を負担しているような気分になります。

情けない話、最後の最後にこれに気づきました。今、リボ払いを利用しているのが習慣になっている人は、この事を念頭に、そして早めに完済することを意識しましょう。

リボ払いを利用する前に考えるべき事

怖さはあれど、確かに便利なリボ払い。しっかり考えて利用すれば、数ヶ月後にしか手に入らなかった物を、今手に入れる事ができます。リボ払いを利用する前に、立ち止まって考えるべきことを挙げていきます。

手数料分を負担しても欲しいものか

上の例であげた、10万円を月5千円返済の場合だと、手数料の合計額は¥13,120 です。
今自分がほしいと思っている10万円の商品は、プラス1万円払ってでも欲しいものなのかどうかを、購入時点で考えます。そうすると、自ずと今リボ払いを使ってでも購入するべきかどうかがわかります。

今の収入が完済時期まで維持できるか

リボ払いの場合、回数基準ではなく金額基準で支払っていく為、支払い回数が多くなりがちです。購入額に対して支払額の割合が少ないと、簡単に10回や20回という回数になります。購入する時は支払えると思っている金額も、未来の自分に対して保証は持てません。

仕事を変えようか考えている人や収入が変わる可能性のある人は、今一度リボ払いの利用を考え直しましょう。

繰り返し利用しない

重ねてリボ払いを利用するということが、深い沼にハマる最大の原因になってしまいます。リボ払いを重ねることで完済までのゴールがぼやけ、上に書いた手数料・物欲・返済の怖さが倍増していきます。

リボ払いという支払い方法は、数ある支払いでも最後の手段として、完済までは複数回利用しないと決めて使いましょう。

借金をしている自覚を持つ

クレジットカードやリボ払い、聞き慣れた名称なので気軽に使いがちですが、『借金』をしているという自覚を持ちましょう。

年率15%で欲しいものを買うなんて、消費者金融でお金を借りて贅沢しているのと何ら変わりません。名称に惑わされずに、仕組みを理解して利用しましょう。

リボ払いは入るのは簡単で出るのは困難

クレジットカードを持っていると、いたるところでリボ払いを勧めてくる表示が出てきます。今やネットから簡単に設定もできますし、リボ払いを使った買い物だって容易です。

しかし、一度それに慣れてしまっては抜け出すのは大変困難です。未来の自分を苦労させない為にも、しっかり考え計画的な利用をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました