一人暮らしにおすすめの家計簿アプリは?収支をわかりやすく把握する

LIFE

一人暮らしをしている中で重要なのは自分の収支を把握することです。

自分の自由な空間を有意義なものにするためにも、家計簿アプリを使ってしっかり節約し、無駄な出費を省くことが大切です。

今回は、一人暮らしをしている私が使用しているものも含めて、おすすめの家計簿アプリを紹介していきます。

一人暮らしで家計簿アプリが必要な理由

一人暮らしは自分だけの空間なので、自由に好きなことができます。

ついついお金を使い過ぎてしまったり、たまの贅沢の回数が増えてしまったりすると、気付かぬ内に少しずつ出費がかさんでいきます。

合計の出費が増えても、具体的な金額が見えてこないと、どの出費を改善すべきかわからなくなります。

家計簿アプリを使うことで、食費や交際費・交通費など、項目ごとに出費を見ることができるので、月によってどのくらい増減したかを簡単に見比べることができます。

また、アプリであれば毎日持ち歩くスマホで管理できるので、いつでも記録と管理ができるようになります。

一人暮らしでおすすめの家計簿アプリ

マネーフォワードME

マネーフォワードMEは、私も一人暮らし生活の中で愛用している、利用率ナンバー1の家計簿アプリです。

わかりやすいデザインで項目ごとの収支が見やすいことに加え、充実した連携機能で銀行やクレカと紐づけることで、自動で残高を管理することができます。

最近はキャッシュレス化もどんどん進んできていますが、電子マネーやポイント機能との連携も備わっています。

デザイン・使いやすさ・機能面の全てにおいて、バランスのとれた家計簿アプリのため、迷った場合にはマネーフォワードMEをおすすめします。

Zaim

1,000万以上ダウンロードされているZaimは、グッドデザイン賞を受賞しただけあって、そのわかりやすく見やすいデザインに定評がある家計簿アプリです。

レシート読み取り機能の精度も高く、銀行口座やクレジットカードの連携機能も豊富です。

定番の家計簿アプリとして、ZaimとマネーフォワードMEが比較対象としてあげられますが、機能面では大きな違いは無いので、デザイン面で自分にあったものを選ぶと良いでしょう。

Moneytree

マネーツリーの特徴は、広告が表示されず、シンプルなレイアウトでまとまっているところです。

また、給与振り込みやカードの支払日などに通知でお知らせしてくれるのも便利な機能です。

各機能ごとのレイアウトにまとまりがあるので、ざっくりと家計管理をしたいという方におすすめの家計簿アプリです。

一人暮らしで家計簿アプリを使うメリット

無駄遣いをなくして節約できる

一人暮らしは自分一人の自由な空間なので、ついつい無駄遣いをしてしまいます。

家計簿アプリを使って食費や娯楽費などを管理することで、使い過ぎている項目や時期が明確にわかってきます。

自分が使っている出費を細かく把握することで、無駄遣いをした生活にも気付きやすくなり、結果として節約に繋がります。

「なぜかわからないけどお金が減っていく」という現象を防げるのが、家計簿アプリの大きなメリットだと思います。

正しい金銭感覚が身につく

学生や20代の社会人など、初めて親から離れて暮らす最初の一歩が一人暮らしという方は多いと思います。

日々お金を使う中で頭ではわかっていても、しっかり記録して、可視化するのとしないのでは大きな違いがあります。

家計簿アプリを使って出費を毎月見比べることで、次第に生活に見合った正しい金銭感覚が身につくようになります。

貯金ができる

無駄遣いを減らし正しい金銭感覚が身につくことで、出費のコントロールができるようになり、計画的な貯金もできるようになります。

銀行での貯蓄だけでなく、将来に備えた投資も重要視される今、計画的に貯金を積み立てる能力は必須です。

家計簿アプリで出費を可視化することで、貯蓄に対するモチベーションも上げることができます。

一人暮らしにおすすめの家計簿アプリまとめ

・家計簿アプリを使うと、出費の可視化ができる。
・マネーフォワードME、Zaim、Moneytreeがおすすめ。
・正しい金銭感覚を身につけ、節約・貯金ができる。

家計簿アプリによって、日々消費するお金の動きを記録していくことで、出費の変化や項目ごとの生活費を簡単に見比べることができます。

一人暮らしという自由な空間だからこそ、しっかり自分で管理していかないと、悪い方向へ落ちてしまうのにも気付きづらいです。

最初は面倒と感じる部分もあるかと思いますが、自分にあった家計簿アプリを見つけ、楽しみながら生活費の記録を続けていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました