TikTokの「共有からライン開いて」のやり方や意味について

TikTok

TikTokを見ていると『共有からLINE開いて』や『共有からインスタ開いて』などの動画をよく目にします。

この記事では、『共有から○○開いて』のやり方や、何の意味があってこのコメントがあるのかを解説していきます。

★≫おすすめ経営シミュレーションゲームアプリ『おねがい社長!』≪★

スポンサーリンク

TikTokの『共有から○○開いて』のやり方

共有からLINE開いて

TikTokの共有からLINEを開く手順を紹介します。

まずは、TikTokの動画の右下にある矢印マークを押し、その後に出てくる共有画面で『Line』を選択します。

TikTokの共有からLINEを開く
TikTokのLINE共有手順

そうするとこのようにLINEの共有画面が表示されます。

この画面で左上から数えていくことで、『共有からライン開いて○番目の人』を見つけることができます。

共有からLINEを開いた後の画面
共有からLINEを開いた画面

例えば、『共有からLINE開いて3番目』であれば、たかし君が3番目の人ということになります。

共有からインスタ開いて

TikTokの共有からインスタを開く手順を紹介します。

まずは、同じようにTikTokの動画の右下にある矢印マークを押します。その後に出てくる共有画面を横にスライドしたら『その他』を選択し、『Instagram』をタップします。

TikTokで共有からインスタを開く
TikTokのInstagram共有手順

そうするとこのようにInstagramの共有画面が表示されます。

この画面の上から数えていくことで、『共有からインスタを開いて○番目の人』を見つけることができます。

共有からインスタを開いた後の画面
共有からInstagramを開いた画面

色々な種類の『共有から○○開いて』

『共有から○○開いて』は、『…開いて●番目の人は◆◆の人』というように、ついつい共有欄を開けて見てみたくなるようなコメントです。実際にTikTokでどのようなパターンがあるのか見ていきましょう。

『共有からLINE開いて』

1番目の人は1番大切な人
2番目の人は手放しちゃいけない人
3番目の人は天才
7番目の人は密かに思いを寄せてる人

『共有からインスタ開いて』

… 1番目の人はあなたのことが好きな人
… 1番目の人はあなたのことを監視してる人
… 2番目の人は次に付き合いたいと思う人
… 4番目の人はあなたに恋してる人

このように様々なバリエーションがあり、中には同じ『1番目』でも『○○な人』の内容が違うものもたくさんあります。

TikTokで『共有から○○開いて』を使う理由

おすすめに表示させたいから

TikTokでバズるには、おすすめ欄に表示させることが重要です。

TikTokがおすすめに表示する動画の基準は、ユーザーの視聴時間・いいね数などの様々な計算方法がありますが、その中に『シェア数』も含まれていると言われています。

『共有から○○開いて▲番目の人はあなたのことが好き』と言われると、共有するつもりがなくても、ついつい共有ボタンを押してしまいます。

そうしてシェア数が増えていくことで、おすすめにも表示されやすくなり、いいね数やフォロワーを獲得しやすくなるという流れです。

拡散してほしいから

バズりたいという願望と少し似ていますが、おすすめ欄の仕組み以前に、単純に拡散してほしいという目的で『共有から○○開いて』を使う場合もあります。

おすすめ欄のアルゴリズムを狙っているわけではありませんが、こちらも結果的には、拡散されて動画の視聴数に繋げたいという思惑があります。

おもしろいから

単純に『共有から○○開いて』がおもしろいから、そのように投稿している方もたくさんいます。

TikTokで流行っているから、実際に自分がやってみて当たっていたから、などの理由で他の人にもやってほしい目的で投稿します。

『共有から○○開いて』の監視や好きな人は本当?

TikTokの『共有から○○開いて』には、『1番目の人はあなたのことを監視してる人』『4番目の人はあなたに恋してる人』など、とても気になるような内容が書かれています。このような『●●な人』は本当なのでしょうか?

結論から言うと全てデタラメです。

共有からLINEやインスタを開いて出てくる順番は、関連度や送信回数・投稿頻度などの関係で順番が決まってきます。監視をしていたり、好きな人という根拠は特にありません。

この『共有から○○開いて』が流行った理由としては、視聴者側も楽しめ、投稿者側もバズり・拡散目的という力もあり、急速に広まりました。

実際に自分の共有欄を確認する時は信じ過ぎずに、占い感覚で楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました