『仕事辞めたい』は甘えではない-辞めたいと思った時にやるべきこと

仕事辞めたいは甘えじゃない

今の仕事をやりたいと思って続けている人はどのくらいいるでしょうか。
好きなことを仕事にして、毎日向上心を持って働き続けられてる人は良いですが、お金の為、生活の為にと辞めたいと思っている仕事を続けている人は多いです。

仕事を辞めたいと考え始める時、それが甘えなのか、それとも辞めるに然るべき理由なのかの判断は難しいものです。

今回は、仕事を辞めようか迷った時にやるべきことや判断基準について解説していきます。

仕事を辞めたいは甘えではない

『仕事を辞める』『退職』という行動には、やるべきことから逃げ出す、無責任な行動と印象付ける人がいますが一概にそうは言えません。
その会社や業務の状況にもよりますが、仕事を辞めるということは決して『逃げ』ではありません。
終身雇用の概念が薄くなった今、転職はもはや当たり前のことです。

転職をすることでスキルアップを計ったり、ストレスの少ない職を選ぶことでプライベートを充実させたりと、自分の成長や生活・将来を豊かなものにする為に転職は必要なものです。

『退職=逃げ』というイメージから、良くない印象を受けたり、異常な引き止めにあう場合もありますが、最終的に決めるのは自分自身です。これから自分がどうしていきたいかを優先的に考えて決断していきましょう。

仕事を辞めたい時にやるべきこと

職場の良い・悪いを洗い出す

仕事を探す時や求人情報を見る時、自分の中で外せない条件や合わない条件などを考慮して探していくと思います。

同じように仕事を辞める時にも、今いる職場の良い点・悪い点(嫌な点)を洗い出すことで、頭の中の天秤にかけやすくなり、辞めたい理由が明確になっていきます。

辞めたい理由をなるべく明確にしておくことで、退職を上司に伝える際にも強い意志で伝えることができます。

辞めたい理由が今の職場だけなのか考える

辞めたい理由を挙げていく中で、その理由が社会・業界全体の問題なのか、または今いる職場だけの問題なのかによって、辞めるべきかどうかが変わってきます。

業界的に妥当な勤務時間や給与水準・業務内容に不満がある場合は、他の職場に就いても同じ理由で不満を持つ可能性が高いです。その場合は、転職する際に別業種も視野に入れる必要があるでしょう。

人間関係・社風・運用方法などの今いる職場だけの問題であれば、同じ業種でも職場を移れば改善される可能性が高いです。

辞めた後のことをイメージする

当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、仕事を辞めたいと考えてる時は、頭がいっぱいで『とにかくこの職場を辞めたい』という考えばかりになり、次の段階をイメージする余裕がありません。

少し引いた目線を心掛け、実際に辞めた後にどういう仕事に転職して、どのような生活をして…と、具体的なイメージを膨らませましょう。

イメージをすることで、自分が本当に仕事を辞めたいのか、一過性のものなのかを判断することができ、目的が明確になっていきます。

貯金する

転職する際の理想の動き方としては、現職に就きながら転職先を探し、見つかった後に退職するという流れです。しかし、中には今すぐにでも今の職場から離れたいと考える人もいるでしょう。

突発的に退職してしまうと、その後に転職先がすぐに決まらなければ貯金を切り崩しての生活になります。生活資金に余裕が無いと、仕事を探す時の条件も緩くなり、満足した転職先に就けない可能性も高くなります。

仕事を辞めたいと考えた時、辞めた後の生活も現実として捉え、少しでも資金を貯めておくことをおすすめします。

転職するメリットを考えよう

仕事を辞める時は、『辞めることで得られるメリット』を考えがちですが、転職を軸にして考えると、メリットを考えやすいです。

こちらの記事では、転職することで得られるメリットを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました