『尊敬する人』を面接で聞かれた場合に偉人や著名人の回答をおすすめしない理由

面接で聞かれる質問の中に、『尊敬する人はだれですか?』という質問があります。

こういう人間性を見てくるような質問って、とっさに聞かれると困りますよね。
一生懸命考えた挙句『いないです』なんて答えて、芯の無い人間とでも思われたら受かる確率が一気に下がってしまいます。

この『尊敬する人』という質問に対してよく考えられる回答は、偉人や著名人を挙げられることがよくありますが、実はリスクが高く伝わりずらい内容になりがちです。

今回は、面接で『尊敬する人』を聞かれた時に、偉人や著名人の回答をおすすめしない理由と、おすすめする回答例について紹介していきます。

面接で尊敬する人を聞く質問の意図

まずは面接で『尊敬する人』という質問をしてくる意図を考えましょう。

人間性や価値観を知りたい

面接では自己PR・志望動機、中途採用であれば今までの仕事の経験など、様々な質問をされます。
そのほとんどは応募者の『仕事』に関する意識や感性を見る質問です。

面接官としては、仕事だけではなくその人の人間性や価値観も知りたいと考えています。
仕事に関する質問は表面的な回答になりがちですが、『尊敬する人』という質問をすることで、あなたがどのような人柄でどのような価値観を重視しているかという部分を深く知ることができます。

企業は組織として動いている為、なるべく同じ方向や価値観を持った人は好印象となるでしょう。

・面接官は仕事面だけでなく人間性や価値観も知りたい。
・人生の中でどういう価値観を大事にしているかを伝える。

自己分析ができているか知りたい

就活や面接対策では嫌になるほど聞くことになる『自己分析』。
『尊敬する人』を聞いて「尊敬する人は特にいないです」なんて答えると、”向上心がなく、自己分析が出来てない人”という印象が出来上がってしまいます。

尊敬する人に対する回答の基本形としては、『●●(尊敬するだれか)+理由』です。
正直、尊敬する人自体が誰かというより、この”理由”の部分が重要です。

そこでしっかり自分の課題や欠点を把握し、こういう人になりたいという理由を伝えることがこの面接質問の肝と捉えてください。

・回答の形は、尊敬する人と『その理由』。
・自分の課題点からどういう人間を目指しているのかを伝える。

成長意欲を知りたい

尊敬する人がいないという回答は、成長意欲が無い人だと思われてしまいます。
自己分析というのは、過去~現在の自分を振り返り分析をすることです。

面接官は、この応募者は入社後にどのような成長をしてくれるか、または成長したいという意欲があるかという部分を知りたがっています。

『尊敬する人』の質問に対して、こういう人を目指している・その為にどういう努力をしているという内容を伝えることで、現在の課題に対して成長する努力ができる人という印象を与えることができます。

・面接官はその時のあなたではなく、将来性も見ている。
・理想の人になる為にどういう努力ができる人なのか知りたい。

尊敬する人に偉人・著名人をおすすめしない理由

そもそも誰かわからない

有名な偉人や著名人といっても、探せば膨大なジャンルや人数になります。
その中で1人を選んだとしても、面接官がわからない人であることは十分に考えられます。

この場合、尊敬する箇所と理由を伝えたとしても、そもそも何をした人かわからなければ共感されることも少なくなります。

または、『その人ってどういう事をした人なんですか?』と聞かれた場合、余計に知識を引っ張り出して答えなければなりませんし、それが面接にとってプラスに働くことも考えにくいです。

無駄な回答を増やさない為にも、特定の人物名を出すのは控えるようにしたいです。

人によってはイメージが違う偉人もいる

尊敬する人に対する理由の答え方として、「●●の功績を成し遂げたから」「●●という部分に惹かれたから」という、その人物の人生の一部分を切り取った答えが一般的かと思います。

偉人や著名人の中には、あまり知られてない部分で実は誇られない功績があったり、人によっては感じ方が違う印象を持たれてる人もいます。

皆が知っている共通の人物についての価値観を話すというのは、けっこうリスクの高い回答となります。

あなたがそう思っているだけで、面接官が持つイメージが一緒とは限りません。

考えが浅いと見られる

“そもそも誰かわからない”とは逆で、面接官がその尊敬する人物に関して知っていた場合です。

あなたがその人物を挙げて理由を話した時に、それが薄っぺらい理由と内容だと考えが浅く見られてしまいます。

そうならないようにするには、その人物を徹底して調べることになりますが、この1つの質問に対してそこまで時間をかけるのももったいないです。

元々その人物に関して自分の知識が長けてるなら問題ないですが、面接用での用意であればやめた方が良いでしょう。

尊敬する人のおすすめ回答

親や兄弟

尊敬する人の質問で、余計な事を考えなくて済む回答が、『面接官がわからない人で、自分しか知らない人物』です。

その代表が親や兄弟です。

家族であれば、仕事への姿勢だけでなくプライベートな生活面も見てきてるので、目指したい理想像として話せるネタも多いはずです。
また、偉人や著名人と違って、1つの理由に対して詳細なエピソードを交えることもできます。

ただし、答えやすい人物像なので、特に社会経験の無い新卒生は回答が被る可能性が高い為、ありがちな理由を話すと印象が薄くなるリスクがあります。

過去の恩師や先輩・上司

過去の恩師・先輩・上司の回答は、他人と被りづらい上にエピソードも豊富にあります。
学生時代のお世話になった先生や部活の先輩、前職の上司や取引先の役職者など、広げていくと色々なパターンがあります。

今まで家族以外の出会った人の中で、何かしら自分の内面や行動に影響を与えてくれた人を思い返しましょう。

その時のエピソードやその人に影響された性格・姿勢などを話していけば立派な回答になります。

また、『自分しか知らない人』のメリットとしては、エピソードや内容を多少盛ってもバレないという点もありますよ。

特定の人物が思いつかない場合

尊敬する人を聞かれて、特定の人物が思いつかない場合は、無理して答えなくても良いです。
答えなくて良いといっても、『いない』だけで回答を終わらすのはNGです。

特定の尊敬する人物がいない場合でも、言い方によってはこのようにポジティブな内容で伝えることもできます。

・他人からは全て学びを得られる点がある。
・違う価値観を受け入れられる人になりたい。

こういった理由で特定の人物はいない事を伝え、幅広い視点と客観性を持つ人になりたい等の目標を付け加えれば、面接官からも共感を得られる回答になります。

まとめ

『尊敬する人』という質問は、人間性や価値観・目標意識など、様々な点を見られる質問でもあります。応募者側からすると、普通の面接質問ではアピールできない部分も伝えることができます。

重要なのは、「尊敬する人が誰か」ではなく「なぜその人を尊敬するのか」という理由の部分です。

その意図をしっかり理解し、面接に臨みましょう。

タイトルとURLをコピーしました