【20代の転職】若いうちに転職しておくべき理由と実際に感じたメリット

WORK

転職と聞いてどういう印象をもちますか?あなたは今、転職を考えていますか?

・今の会社への不満がある人
・不満は無いがマンネリ化してる人
・キャリアアップを考える人

転職を考え始めるきっかけは様々ですが、若いからこそこれからの経験や将来のことを考えると、転職すべきか悩むタイミングは多々でてくると思います。今回は、若いうちに転職をする理由とメリットを紹介していきます。

20代で転職するメリット3つ

経験の幅が広がる

同じ業種や別業種、どちらをとっても転職することは経験の幅を広げることに繋がります。同業種であっても、会社が違えば業務への取り組み方や管理の方法は大きく変わってきます。幅の広い経験を積むと、その経験を活かせる引き出しが多くなっていき、次の仕事に対する柔軟性やアイデア力が高まります。

実際に転職先で働く時に、以前の職場ではこういうやり方があったから提案してみようというタイミングが生まれます。

同じ1つの職場で長く働いていると、知識や会社の仕組みへの「深さ」は身につきますが、他の会社で得られる経験の『幅』はなかなか身につきません。20代でその経験の幅を身につけることは、後のキャリアにも必ず役立ってきます。

別業種へのチャレンジがしやすい

経験が浅い若いうちは、特定の業種に染まり切っていない状態です。その為、自分側・会社側の両方から見ても、他の業種へ飛び込むハードルが低くなります。

逆に会社側からすると、数十年も特定の業種で働いている凝り固まった人よりも、未経験の20代を育成する方が育てがいがありリスクが少ないです。

また、プライベートの視点でも、家庭を持ったり、社会的な見え方、生活環境など、なにかと30~40代以降は転職失敗へのリスクが高くなります。

当たって砕けろの精神で、他の業種へなんなく飛び込めるのは20代の特権だと思ってください。飛び込むことで世界も広がり、新たな目標が生まれるきっかけになることもあります。

社会や市場を俯瞰的に見れる

※俯瞰的=広い視野で客観的にものごとを見る。

会社は1つの組織です。違う組織にいけば、違う常識やワークスタイルが存在します。転職をすると、仕事の進め方において気づける点が多いです。

・今まで普通だと思っていたやり方が普通じゃなかった。
・こういう部分はこの業界ではどこも同じなんだ。

このような経験を重ねることで、『社会はだいたいこんな感じなんだな』『この業界はこういうやり方でこのぐらいの利益を生んでるんだ』という感覚が身についていきます。

1つの会社で長く勤めていると、主観的に社会を見がちになってしまう人が多いです。20代でこの『俯瞰的』な視点が身につくことで、今後のキャリアプランを考える時により正確なプランを描きやすくなります。

黄色い壁の前で傘を持つ女性

20代という肩書きの偉大さ

『20代』という肩書きを名乗れるのは、もちろん20代の内だけです。社会の中で『20代』の肩書きは、これからの期待度と失敗への許容範囲を大きくする魔法の言葉です。

会社側はまだ社会人初心者の若者は育成のしがいがありますし、即戦力としての期待値も高くありません。この肩書き魅力の大きさに20代の内は気付きづらいですが、30代になって気付いた時はもう遅いです。

魔法の言葉の力に守られてることを知った上で、どんどんチャレンジしていきましょう。失敗しても20代だと許されることは多いです。クビになるような失敗なんて滅多にありません。万が一、クビになるようなことがあれば、また転職できるきっかけになります。

職歴への傷が不安?

20代で転職を戸惑う理由の1つに『職歴に傷がつく』という理由があります。ただこれって、昔から言われてる理由なだけに、昔の働き方を引きずった考えでもあります。

今の時代、終身雇用はほぼ無くなり、働いている中で転職をすることは特に珍しいことではありません。確かに短い期間で転々としていたり、全くの別業種へ転職する時には、面接時にその理由を聞かれることはあります。

そこでしっかりした理由とこれからの目標を伝えられれば問題はありませんし、面接が終わり入社してしまえば、その職歴を思い返されることなんて無いです。職歴で落とされるようなら、また次の転職先を探せば良いだけです。職歴に関わらず若い人材が欲しい会社なんていくらでもありますよ。

タイトルとURLをコピーしました